PS4を公式修理に出した感想・・・感謝です

この記事は約3分で読めます。
※当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれます

注: この記事は2022年4月16日に筆者が運営する別のサイトで公開したものを本ブログへ移転したものです。

以前からモンスターハンターワールドアイスボーンなどをプレイすると、なかなか気になるレベルの騒音を排出していた自分のPS4ですが、先日ようやく重い腰を上げてPS4をソニー公式の修理に出させていただきました。

結果から言うと満足してます。ただもうちょっと融通きかないかなあと思う面もあったので、簡単に何をしてもらえたのか紹介します。

まずは準備の段階なのですが、発送までがかなり面倒くさかったです。自分が情報を飲み込むのが遅いということもありますが、修理の方法を調べて発送できる状態にするまで、3時間くらいかかってしまいました。

ネットの申込フォームから行うと割引があるので、そこで申し込みました。必要な情報を入力すればすぐ終わります。ただ、発送するPS4に一緒に入れなければいけないメモやカルテ等があるのですが、情報が統一されていなく何を一緒に送ったらいいのかだいぶ迷ってしまいました。まあ、正直本体さえ送ればなんとかなるとは思うので、神経質に考える部分ではないと思いますが。

肝心の修理なのですが、自分は動作音を改善したくて修理を申し込んだら、メイン基板に不具合を確認したため、メイン基板ごと交換するために16500円かかる、という旨の修理見積連絡をいただいてしまいました。もちろん購入時の保証は切れています。

自分としてはかなり想定していたより高額だったため、かなり悩みましたがメイン基板の交換はしないで欲しいと頼みました。ただ、せっかく修理に出したので内部の清掃やCPUグリスの塗り直しなどをして欲しかったので、プレイステーションの公式サイトのチャット問い合わせからその事を伝えてみました。

結果的には、メイン基板の交換は無しで点検と内部の清掃をしていただいただけでしたが、清掃しただけでもホライゾンゼロドーンを遊んでいる時、前より静かになったので結構満足しています。

お願いはしてみましたが、修理項目の所にグリスの塗り直しのことは書かれていなかったので、たぶんこちらは対応していただけなかったのだと思います。さすがに図々しかったですかね^^;。

とはいえ、送料も修理費用も全部無料で内部の清掃をしていただけたのは本当に助かりました。修理場(プレイステーションクリニック)には直接連絡する手段が無いので、5回くらいチャット問い合わせをして、間接的に自分の要望を伝えることになったのは面倒で結果的に時間もかかりましたが、かなり丁寧に対応していただいたので感謝しています。

あと、地味に嬉しかったのが、帰ってきたとき専用のダンボールで丁寧に梱包されていたことですね。

購入時の箱はなかったので適当なダンボールに、緩衝材をたくさん入れて送ったのですが、帰ってきたときは、写真のような購入時の箱っぽい無地のダンボールに綺麗に梱包されていました。

開封する時、なんだか新品のPS4を購入したときのような気分になり嬉しかったです笑。

f:id:zelda2019:20220416021518j:plain
2重のダンボールに梱包されていました。
f:id:zelda2019:20220416021538j:plain
本体も綺麗に梱包されていました。

強いてサポートに要望があるとすれば、PS4は封印シールを剥がすと公式のサポートが受けられなくなってしまうので、今回私がしていただいたような内部清掃などのメンテナンスも単独でサービスがあれば楽だったのになと感じました。

というわけで無事にPS4のある生活が戻ってきました。スパイダーマンやりたいな。

これからも大事にPS4を愛用していこうと思います。お読みいただきありがとうございました。

ゲームコラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアしてくれると嬉しいです!
シロウをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました